やがて知となりニコとなる

自分が観た、聴いた、読んだ、について思うこと

もういちど生まれる

f:id:shinotare:20170403214419j:plain

 久しぶりの朝井リョウ。しかも連作短編集というので結構楽しみにして読んだんやけど、ちょっと期待しすぎた。
でも、それはもしかしたら、自分が共感できひんかっただけかもしれん。というのも、今回は大学生達(専門学生も一人いる)の物語。

 多分、今の学生達にとっては当たり前の日常なんやろうけど、なんかもういちいちキラキラしてるねん。
共感は出来ないとしても、ちょっと上から「あの頃は私も・・・」なんて思ってみたけどやっぱりあかん。時間経ちすぎてる(゚д゚)!
帯にも「甘酸っぱさ200%」って書いてあるけど(ちょっとたいそうかなw)、とても瑞々しい作品でありました。