やがて知となりニコとなる

自分が観た、聴いた、読んだ、について思うこと

軽薄

f:id:shinotare:20170322194946j:plain

金原ひとみを読むのは「MOTHER」以来数年ぶり。
この物語の主人公も9歳の子供をもつ母親のお話。
可愛い子供にスタイリストというやりがいのある仕事。素敵な旦那、裕福な家庭を持ちながらも
歳の離れた甥と関係を持ってしまうという、羨ましすぎる女性のお話です。
主人公30歳、甥19歳。もちろん主人公は『美しい年上の女性』設定です。
主人公の背景や甥の背景にもいろいろあるんやけど、読んでて「何が不満なん?」とか「何がほしいの?てかどうしたい?」とツッコミを入れる場面が多々ありました。多分羨ましすぎたんやと思う(笑)
 
相手が甥やから、甥の親は主人公の兄妹なわけで、そのあたりも物語を創る上では重要になったかと思います。
これを読んでまた「結婚」というものがよく解らなくなりました。
結婚したい人にはオススメしません。
以上。