やがて知となりニコとなる

自分が観た、聴いた、読んだ、について思うこと

タイニー・タイニー・ハッピー

f:id:shinotare:20170126210057j:plain

 大型ショッピングモール(私は絶対にイオン越谷レイクタウンがモデルと思っている)「タイニー・タイニー・ハッピー」を舞台に、そこに関わる男女8人の連作短編集です。

 短編と侮るなかれ。この作品は私が今まで読んだ連作短編の中ではかなり上位に入ります。

 理由は、とにかく心理描写が丁寧。
例えば、ある人物の物語ではすごくさらっと描かれていた部分やのに、別の人物が主人公の物語はでその部分が詳細に描かれてて、「あー、この時こんな風に思ってたんやー」みたいな、一人ひとりの心情がとてもよく伝わってくる作品です。

 内容は基本恋愛で、取るに足らないっちゃあ取るに足らない出来事なんやけど、その分リアルで、感情移入しやすい(笑)

 特に最後から二つ目の「チャコールグレイ」っていうお話に出てくる女の子には、勝手に自分を重ねて、最後はこれまた勝手にじんわりしてしまった。

「タイニー・タイニー・ハッピー」簡単に訳すと小さな小さな幸せ。

 日々の小さな幸せってなかなか気づかへんもんやけど、そういうのに気づかせてくれる作品です。

よかったら読んでみてね<(`・ω・´)