やがて知となりニコとなる

自分が観た、聴いた、読んだ、について思うこと

レ・ミゼラブル

立川シネマシティの「極上音響映画祭2016」で「レ・ミゼラブル」を観てきた。
 
4年前(もうそんなに経つのね)の公開時、観たいと思いながら結局観られなくて、でも出来れば劇場で観たいと思ってたのです。
 
それが今回、立川シネマシティが確か6千万円?かけて導入したスピーカーでの極上音響上映。
「スピーカーをさらなる高性能なものに入れ替えたaスタジオでベテラン音響家に依頼して再調整を行い、
さらなる高みの音でお贈りします」って書いてある。これは行くしかない( ・`ω・´)
 
前回のマッドマックス極音響上映は2日前ぐらいですでに予約で満席やったから、3日前にサイトチェックしたけど
すでにほぼ埋まっている状態。イベント上映なので上映期間が短いせいもあって、土日は混み合ってる様子。
 
残念ながらこの上映期間内は土日しか休みがなくて、いつもなら平日がらがらの映画館で観るのに、
今回は、ほぼ満席の劇場で観ることとなりますた。とほほ。
 
ミュージカル映画とは知ってたけど、ほんまにセリフ全部歌(笑)
みんな歌ちょー上手いよ。驚いた。
特に、アン・ハサウェイはすごかった。アカデミーでもちゃんと評価されてたしね。
 
自分はソロのパートよりも、たくさんの人達が一緒に歌っているハーモニーの部分が
すごくぐっと来ました。やっぱり力を合わせると思いとか伝えたい気持ちが強くなるのかなー
なんて勝手におもったりして。
 
上映時間約3時間。
期待値が高すぎたせいか、正直途中ダレた。
でも、最後はやっぱりこみ上げてくるものがあって、心から「観てよかったなー」って思えました。
 
12月2日までやってるので、ちょっと遠いけど
気になる人は足を伸ばして行ってみて下さい。後悔しないよきっと。
 
ちょっと矛盾するけど、このアンのパートは秀逸。
これ観るだけでちょっと泣ける。

 

www.youtube.com

今度は舞台も観てみたい。