読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やがて知となりニコとなる

自分が観た、聴いた、読んだ、について思うこと

ブリジット・ジョーンズの日記  ダメな私の最後のモテ期

「ブリジッドジョーンズの日記」の1作目が公開されたのが2001年。
当時32歳だったブリジッドが43歳になってスクリーン帰ってきました。

当時私は27歳。ブリジッドと同じように年を取って41歳になった(笑)
ちょっと計算がずれるけど、まあそれはそれでよろし。あくまで映画はフィクションですから。

 

劇中のブリジッドは全然キレイじゃないし、完全におばさん化してた。
身体もむちむち、顔のシワも去ることながら、首のシワがすごい。
あと、レニーセルヴィガー独特の口周りの締りのなさにシワが上乗せになってて、役作りとは言えとにかく「美しく無い」のです。足はとてもキレイでしたが。

でも、そのぶん凄いリアル。至る所に自分と重なる部分があって、決して笑いだけでは済ませられない物語となっていました(笑)

 

レニーセルヴィガーだけじゃなくて、他の役者さんもやっぱり15年経って老けてる。

でも、コリン・ファースはとてもいい感じに歳を取っているように見えました。

 

まぁ、映画だけに「最後はそれかよー」って感じやけど、ブリジッドの一生懸命さを観てると、なんか元気出ました。

 

また10年後ぐらいに4作目やって欲しい(笑)

 


bridget-jones.jp