読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やがて知となりニコとなる

自分が観た、聴いた、読んだ、について思うこと

ボランティア・スピリット

 

f:id:shinotare:20161029210548j:plain

  前は月に5~6冊、多いときは10冊ぐらい読んでたのに、最近はLINEのゲームばっかりで読書から遠ざかってしまって。「これではイカン」と思い、久しぶりに図書館へ行って何冊かの本をかりてきました。

 

 永井するみさんは好きな作家さんの一人。

長編はとても読み応えがあるし、短編は1本1本とても丁寧で、短いけど内容が詰まってる感があります。

 

最後に読んだのは「微熱」というエステ業界を舞台にした長編。すごく面白くて一気読みしました。

今回は市民センターで外国人に日本語を教えるボランティの人たちや、それを取り巻く人達を主人公にした短編連作集です。

 

どの作品も良かったけど、個人的に好きなのは3作目の「雨」

この主人公はボランティアで英語を教えている人ではなく、教えてもらっている外国人の奥さんです。

ざっくりあらすじを書いてしまうと、アラフォーで恋愛や結婚には縁がなかったような女性が、10ほど歳の離れた外国人と出会って結婚をしました。その後たまたまご主人の様子を見に行った市民センターで、生徒が書いているアンケート用紙が積み上げてあり、そこに自分の旦那の書いたアンケート用紙を見つけます。アンケートには当たり障りのない質問が書いてあったのですが、最後に「日本に来て嫌だったことは?」という質問に対して、彼は「年上のおばさんと一緒にすまなければならないことです」と書いていたのです。そのことを言い出せない彼女、いつものように優しい彼・・・・・。

 

主人公の年齢が自分に近いこともあり、一緒に切なくなってしまった(笑)。

恋愛感情だけでなく、嫉妬、偏見、共存、悪意等、いろんな気持ちが描かれている作品です。

 

同じような短編連作集で「涙のドロップス」という作品があるのですが、これもそれぞれの主人公の気持ちがとても丁寧に描かれていて、女性の方におすすめの作品です。

 

残念ながら永井さんはもうこの世にはいらっしゃいません。

新しい作品を読むことは出来ないけど、まだ読んでいない作品もあるのでこれから、一気に読むのはもったいないから、ちょっとずつ読んでいこうと思います。

 

■ボランティア・スピリット / 永井するみ 著

・冬枯れの木

・ボランティア・スピリット

・雨

・誰に恋すればいい?

・きれいな手

ジャスミンの花

・夜に辿る道

・そばにいて

・言葉にならない