読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やがて知となりニコとなる

自分が観た、聴いた、読んだ、について思うこと

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 

f:id:shinotare:20161029214410j:plain

アカウントだけ取得してほったらかしだったこのブログ。

ようやく記事を書く準備と気持ちが整ったというか(笑)。

 

このブログのテーマ、というほど大したものでは無いけれど、今まで自分が観たり、聴いたり、読んだりしたモノ、またこれから観たり、聴いたり、読んだりしたモノについて、良いことも悪いことも書いていきたいと思っている次第です。

記念すべき最初の作品は、再集結をきっかけに大好きになったTHE YELLOW MONKEYのライブDVD。最初はやっぱりイエモンがいい。

 

イエモンの存在はもちろんリアルタイムで知ってた。

前に(と言っても10年以上前w)付き合ってた人がすごいイエモンのファンで、家にCDを持ってきて聴いてたのを一緒に聴いてたし、やっぱりヒット曲って耳に入る機会が多い。自分はイエモン、と言うより楽曲(と言ってもヒット曲数曲やけど)が好きで、iTunesに入れてたまに聴いたりしていました。その頃はこんなにハマるとは思ってなかったけど。

 

私はライブが大好きで、自分が好きなアーティストのライブには一人でも行くんやけど、時々ライブ会場に来てるカップルを羨ましく思うことがあって。

それはおそろいのTシャツとかタオルとかではなくて(それもちょっとはある)、やっぱり好きなことを共有するってとても良いことやと思うのね。しかも、好きな音楽で一緒に盛り上がれるなんて最高やん。

もちろん今まで何度か彼を誘ったことはあったけど、なかなか首を縦にふってくれない。ライブ自体に興味もないみたいやし、そもそも音楽の趣味も合わへん(笑)。

そんな彼が、唯一行きたいと思っているライブが、イエモンのライブ。

彼は学生の頃からイエモンがすごく好きで(またか)、「イエモンが復活したらライブ行きたいなー」って言ってた。だから、私は密かに、そして切にイエモンが復活する日を待っていたのだ。

そう思いながら、付き合いも5年が過ぎて忘れかけていたところに、この再集結。「やった!」って思ったさー。しかも、忘れかけてた割には比較的早く気づけた(再集結に)。

そっからの行動はね、それはそれは早かったよ。早速にFC入会⇒FC先行予約⇒SUPER指定席ゲット!とは言え、やっぱりツアー初日の代々木は取れなかった。でもいいねん。そのおかげ、かどうかは解らへんけど、埼玉に当選、今回収録されたステージに行けることになったんやから。自分が行ったライブがDVDになるのはとても嬉しいことです。

 

で、7月10日に運命の日を迎えるわけやけど、チケット当選確定したのが2月の終わり頃やから、ライブまで5ヶ月ほど空いてしまってすっかり気持ちが冷める、までは行かないけど結構落ち着いてしまってて(笑)。開場ついたのも開演の20分前ぐらいで、密かに、切に復活を願っていた感なんて全くなし(笑)。勝手なもんやねー。

とはいえ、ステージのカウントダウンを観てるうちに徐々にテンションが上がってきた。あのライブ前の緊張感ってほんまいいよね。何回経験しても毎回ワクワクするわー。

カウントがゼロになって、「ジャカジャーン」とギターのイントロとともにライブがスタート。

スタート時に幕がバサーっと落ちるかと思っていたら、そのままステージは続行。

こういう演出は初めてだったけれど(Youtubeで観たけど、Smileツアーでもやっていた。イエローモンキーではよくあるのかな)、焦らされる感じがこれまた気持ちを盛り上げる。そして、最後のサビの途中で幕が落ちてライトがパーッとひかり、4人の姿が現れた瞬間!もうイエローモンキーの大ファンになってたよ(笑)今思い出してもときめいてしまうほど。DVD観ててもきゅんきゅんが止まらない。

 

1曲めから知らない曲で、あとは知ってる、知ってる、知らん、知らん、知らん知らん知らん知らん・・・・・・知ってる、知らん、知らん知らん・・・・・・と全24曲中知ってた曲はたった8曲(笑)。でも、とにかく楽しい。彼も楽しそうやし、彼だけじゃなく、自分の斜め前にいた男性が全曲フルコーラス一緒に歌っていたり、前にいた身体の大きな男性が全身で踊っていたり、もう少し前にいた比較的年齢層高めの女性が全力で腕をあげて叫んでいたりと、15年もの間待ち焦がれた愛とエネルギーで会場はパンパン。

待ち続けたみんなにとってこのステージは奇跡みたいなもんなんやろうなーって。

とにかく熱くて、ちょっと胸がいっぱいになってしまった。

知らない曲ばっかりやったけど、演奏はカッコよかったし、MC,パフォーマンスももちろん良かった。でも、それより何より、ステージ上の4人がとにかく楽しそうだったこと、そして自分が同じ空間に居られる事が嬉しくて。とても幸せな3時間でした。

 

今回改めてこのDVDを観たけど、なんて豪華なセットリストなんでしょう。

解散前、最後に発売されたシングル「プライマル」から始まって、ヒット曲をガンガン歌い、でも、ずっとファンで居てくれる人たちへ送るような昔の曲も交えつつ、最後はこの曲を知らない人はいないであろう「JAM」で終わる。

当時はほとんど知らなかった曲たちも、あの日以来イエモンを聴き込んでいる私には、今や大好きな曲たち。そんな曲たちを聴いたことすら忘れてる、ってか知らないから覚えてない。もったいない。これはもったいなすぎる。悔しい。悔しすぎる(涙)

 

リベンジすべく、11月からのホールツアーのチケットを取ろうとしたけど、まー取れないこと。FC一次、二次ともに落選。ぴあの先行は友人や姉妹、親戚にお願いして8人で挑んだけど全滅。一般は瞬殺、ってか繋がった瞬間販売枚数終了。

こんなに取れないことあるのか?これがイエローモンキーの人気の凄さなのか。

もう暫くライブ行けないのか・・・・・と意気消沈の私に神様が奇跡をくれました。

そう!12/28 武道館で行われる「メカラウロコ・27」にまさかの当選!

ホールツアーよりも凄まじい競争率をくぐり抜け、私やった。やったよー!

 

今回の再集結でイエモンを知らなかった世代、知ってたけど、その頃にはもう解散してしまっていた世代、デビュー当時から大好きだった世代と、気持ちは色々やと思うけど、やっぱりこのバンドは国宝級です。吉井さんも自分で言ってるしね。

そんな国宝級バンドのライブDVD。行った人も行けなかった人も、気にはなってるけどライブ行くほど好きじゃない人も、これは絶対に観て欲しい。後悔させません( ・`ω・´)

 

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -SAITAMA SUPER ARENA 2016.7.10-

DVD DISC-1                                             

01.プライマル                                          

02.楽園                                                     

03.Love Communication                           

04.LOVE IS ZOOPHILIA                           

05.A HENな飴玉                                        

06.Tactics                                    

07.LOVERS ON BACKSTREET.

08.薔薇娼婦麗奈

09.球根

10.カナリヤ

11.HOTEL宇宙船

12.花吹雪

13.空と青と本当の気持ち

14.ALRIGHT

15.SPARK

 

DVD DISK-2

01.見てないようで見てる

02.SUCK OF LIFE

03.バラ色の日々

04.悲しきASIAN BOY

05.Romantist Taste

06.BURN

07.BRILLIANT WORLD

08.WELCOME TO MY DOGHOUSE

09.JAM