やがて知となりニコとなる

自分が観た、聴いた、読んだ、について思うこと

結婚

f:id:shinotare:20170128000746j:plain

 ディーンフジオカで映像化されるってのと、結婚詐欺のお話というので読んでみました。
 しょっぱなマンションのお金を立て替えてそのままドロン、ってまさに王道の詐欺で「お~」って感じやってんけど、だんだんトーンダウン。ちょっと思ってたのと違ったかな。終わりもかなりモヤモヤ。期待し過ぎた(._.)
 もう頭のなかでは主人公がディーンになってしまってるのに、この原作の主人公の年齢も雰囲気も、ちょっとディーンとは違うねんなー。なんでディーンにしたんやろ。私的には吉田鋼太郎あたりが近いかな。
 やっぱり読む前はまっさらがいいね。あ、でもこの本字が大きいからすぐ読めるよ(笑)

家族喰い『尼崎連続変死事件』の真相

f:id:shinotare:20170126211729j:plain

 

この事件はもちろんニュースで観てたし、どうなるか気にしたりしてたけど、結局主犯格の容疑者が留置所内で自殺してしまって、詳細がわからないままフェードアウトしてしまった。あれから5年。
 『葬送の仕事師たち』を読んで、「やっぱりノンフィクションは面白い」と思って、ノンフィクション熱が再燃。何かいい作品が無いかとネットを探して、何冊か見つけた中の1冊がこれ。
 かなり大きく報道された事件やから、殆どの人が知ってるし、私も事件の概要は知ってたけど、毎日ニュース観てたわけじゃないから、やっぱり知らないことがたくさんありました。
 とにかく登場人物が多い上に、関係が複雑で把握するのが大変。複数の家族の家系図と関係図が出てくるんやけど、登場人物の半分以上が殺されてるから、なんか、家系図をじっくり確認する気が起きない。
 今解ってるだけで11人が殺されて、屋敷の下に埋められたり、コンクリート詰めにして海に捨てられたりしてるんやて。
 しかも、すごい若いやんちゃなヤンキーとかヤクザが殺すんじゃないねん。少なくとも30~40歳以上の大人(中には20代の若い子もいたけど、そういう子は小さい時から容疑者に手なづけられてたり、覚醒剤打たれたりしてんねん)が、軟禁され、虐待したりされたあげくに殺されたり、栄養失調で衰弱死したり。虐待するのも家族、親族間でやで。
 ちょっと常識では考えられないし、なんかもう、じっくり読む余裕というか、読んでられへんねん。ほんまだーっと読んだ。
「あれ?これは誰でどういう関係やったっけ」ってなるけど、家系図のページ戻って確認する気にもならん。
 それでも、「もう読むのやめよ」とは思わへんかった。最後まで読もうと思った。読み終えた今は、最後まで読んで良かった、とか読むんじゃなかったとか、そういう感想は無い。
 ただ、こういう類の人間は、この人達だけじゃなくて、他にも確実にいる。だから、これから生きていく上で、こういう人たちには絶対に関わらないように気をつけて生きていこうって強く思った。特に自分は単純やし騙されやすいし、今までの経験上、だめんずを引き寄せるような、何か持ってるみたいやし(笑)
 それに、こういう大きな事件ではほぼいつもそうであるように、警察の対応が酷い。関係者数人が何度も警察に相談をしているのにも関わらず、全く動いてくれない。兵庫県警がもっときちんと話を聴いて動いていれば間違いなく助かる命はあった。警察なんてちっともあてにならんで。自分は自分で守るしかない。
 事件から5年経った今でも、容疑者に関わったが故に行方不明のままの人、命からがら逃げ出して偽名を使って生きている人がいる。もっと怖いのは、すでに服役を終えて出所している関係者もいるかもしれないってこと(てか多分いる)。
 今このブログを読んでくれてる人達は「自分絶対はこんな目に遭うはずない」って思うやろ?うううん。そんなんわからん。
悪魔は獲物になるような人間を見つけたら、すごくいい人のふりをして近づいてくるんやで。

ローグ・ワン/ スター・ウオーズ・ストーリー

f:id:shinotare:20170126210417p:plain

 友達がすごく勧めてくれたのと(彼女は全作観ているw)、彼がちょっと観てみたいというので、 スターウオーズ1作(多分エピソード1)しか観たことないのに観てしまった。

 全然おもしろくないことはないと思ってたけど、普通に面白かったし、十分楽しめたよ。

それに、この俳優さん好きなんやけど、まさか出てると思ってなかったから「うおー!」って思えたし(笑)

 次回作は12月公開。それまでに全作観とかなあかん。

スター・ウオーズは1作だいたい2時間超えるけど、12月までなら余裕で観られるよね。早速今度の休みに観てみようかなー<(`・ω・´)

タイニー・タイニー・ハッピー

f:id:shinotare:20170126210057j:plain

 大型ショッピングモール(私は絶対にイオン越谷レイクタウンがモデルと思っている)「タイニー・タイニー・ハッピー」を舞台に、そこに関わる男女8人の連作短編集です。

 短編と侮るなかれ。この作品は私が今まで読んだ連作短編の中ではかなり上位に入ります。

 理由は、とにかく心理描写が丁寧。
例えば、ある人物の物語ではすごくさらっと描かれていた部分やのに、別の人物が主人公の物語はでその部分が詳細に描かれてて、「あー、この時こんな風に思ってたんやー」みたいな、一人ひとりの心情がとてもよく伝わってくる作品です。

 内容は基本恋愛で、取るに足らないっちゃあ取るに足らない出来事なんやけど、その分リアルで、感情移入しやすい(笑)

 特に最後から二つ目の「チャコールグレイ」っていうお話に出てくる女の子には、勝手に自分を重ねて、最後はこれまた勝手にじんわりしてしまった。

「タイニー・タイニー・ハッピー」簡単に訳すと小さな小さな幸せ。

 日々の小さな幸せってなかなか気づかへんもんやけど、そういうのに気づかせてくれる作品です。

よかったら読んでみてね<(`・ω・´)

葬送の仕事師たち

f:id:shinotare:20170112115912j:plain

 去年の終わり頃読んだ本です。多分ベスト3に入った。

 ネットを見てる時、何を観てたか忘れたけど、画面の端っこにこの本が紹介されてて。
『これは読みたい』とすぐに図書館でかりて読みました(買わなくてすいません)。

 内容は題名通り葬送に関わる人達、葬儀屋から、納棺師、エンバーマー(解らない人はググってね。私も知らんかった)、火葬技師のインタビューがメインのノンフィクション。

 『おくりびと』を観て、納棺師の仕事についてはなんとなく知ってるつもりやったけど、映画なんてほんの、ほんっっの一部。現実はもっと大変、なんてもんじゃない。

 葬儀屋で働くことを親から「やめて」と言われたり、火葬場で親が子供に「あの人に近づいたらあかん」って火葬技師を指して言ったり。まだまだつまらない偏見がある世界。ほんましょーもないこと言うなっちゅうねん(#`皿´)

 でも、この本の中に出てくる人達は誰一人仕事に対して文句言わない。
むしろ自分の仕事に誇りを持っていて、亡くなった方ともとても真摯に向かい合っている人ばかりでした。

 色んな人に読んでほしい本。おすすめします。 

Sign

 昨日ツイッターみてたんやけど、やっぱり成宮くん引退の話題が多くてね。

「成宮くん」で検索したら、北川悦吏子が「オレンジデイズ以来のつきあいです・・・」ってツイートしてて、そういえばオレンジデイズに出てたなーって思い出したのよ。

 あのドラマすごい好きやった、てか妻夫木聡が大好きやったし、あの頃妻夫木と柴崎が付き合ってるとか付き合ってないとか、そういう話題もあったしで、すごい観てた覚えがある(笑)
今はあんまりテレビ観ないし、観ようと思って録画しといても結局観ないまま。
「ゆとりですが何か」なんて、全部録画したけど、結局一回も観ないまま消したし。テレビっ子やったはずやのになー(´・ω・`)

 で、オレンジデイズね。そう好きやったの。主題歌はミスチルの『Sign』
この歌もすごい好きでさー。特に、2番の『でもいつかは裸になり甘い体温に触れて優しさを見せつけ合う』ってとこが、なんとも言えずエロくて、でもあったかくて、聴くたびに心がほわっとなったもんです。

 うちのお姉ちゃんがミスチル大好きで、時々ライブに誘ってくれるんやけど(とは言え、ほとんどチケット取れません)、この曲が収録されているアルバムのツアーで初めてミスチルのライブに行ったのね。確か「I❤U」ツアーかな。この時は誰かの都合が悪くなった代わりとかやったと思う。

 私もミスチルは好きやけど、ちゃんとアルバム聴いてたのって「深海」「BOLERO」ぐらいまで(結構早い段階で聴かなくなってるw)で、あとはヒット曲とか自分の気に入った曲しか聴いてなかったから、正直それほど乗り気ではなかった。でも、「Sign」を生で聴けるのはすごく楽しみにしてたのよ。
 
 実際ライブが始まって、やっぱり知らん歌ばっかりやねん。しかもドームやからミスチルは金時豆ぐらいのサイズにしか見えへんし、「I❤U」っていうアルバムが、どちらかと言うと暗めのイメージ、というかさほど明るい感じのアルバムじゃないせいか、照明も暗め(笑)

 何曲かは知ってる曲もあったし、そこは盛り上がったけど、やっぱりSign聴きたい。
まだかなー、と思いながら中盤ぐらいまで来たけど、まだ歌わへん。やっぱりヒット曲は最後かな・・・とか思ってるうちにラスト来たよ。
あれ?最後Signじゃない。そっかー、アンコールか。んもぅ、焦らすな~。

 アンコール2曲終わって、次の曲・・・Signじゃない。
「あれ、もしかしてSign歌わへんの?」なんとなく周りもそんなふうに思ってる雰囲気を感じる。ヒットシングルやで?ドラマの主題歌やで?みんな知ってる曲やで?

 3曲め終わって、「ありがとー」とか「さいこー」とか言いながらミスチル手え振って舞台の袖消えたよ。
それでも、「いやいや、あの歌は歌うやろ。もっかいアンコールあるんかな」なんていう期待も虚しく客電がついてしまった。

 しかも、そこでやっとSign流れてきたよ、CDの。CDて。それ家で聴けるから。
今日は生で聴こうと思って来てんのよ。
絶対私と同じ思いしてるお客さんいっぱいいたよ。CDのSignが流れた途端、みんな「え・・・・・」って感じになってたもん(笑)

 私はもうね、ブチ切れたよ。お金払ってんのよこっちは。ミスチルにしてみたら「ドラマでも流れてるし、テレビでも歌ってるし・・・」とか思ってたり、コアなミスチルファンへの愛情があったりしたのかもしれんけど、お金を頂いている以上は、ライブに来た人全員楽しませなアカンのちゃうの?!初めて参加する人もたくさんいるやろうし、Signがきっかけでミスチル好きになってライブに参加した人だっているやろうにさ。

 「I❤U」がリリースされたのが2005年やから、もう12年も前の話になるのに、ここまでアツく書いてしまうぐらいあの時の落胆の気持ちはおっきかったし、鮮明に覚えてる。成宮くんのニュースで久しぶりに思い出した。

 ただ、去年かな。スタジアムツアーに誘ってもらって。奇跡的に東京ドームが当たりました。
これは『REFLECTION』っていうアルバムのツアーやって、前の二の舞いにならないように多少の予習して行ったんやけど、アルバム以外の曲がほとんど知ってる曲で、それはそれは楽しい時間を過ごしたし、いっぱい泣きました(笑)

 やっぱり、ライブはこうでないと。マニアックな曲はFC限定ツアーとか、比較的小さなホールでやる時とかにやればいいやん(持論)。

 もちろんどのアーティストだって、ヒット曲以外にいい曲が有るのはよくよく解ってるし、その曲やってくれたら嬉しい。
でも、そればっかりじゃ楽しめない人も居ることを解ってほしいねん。一時期ウルフルズのライブによく行ってたけど、必ず「ガッツだぜ」やってたし、ゆずも必ず「夏色」をやる。

 私はライブって、唯一アーティストと一緒に歌える場所やと思ってるのね。だから、初めて行くライブでも、せめて1曲は一緒に歌える歌を歌ってほしいのです。好き勝手言ってすいません。

 なんだかんだで、まだ生でSign聴いてないから、いつか聴きたい。

 

www.youtube.com

君の名は

遅ればせながら観てきました。

 
ハリーポッターの新しいのと迷ったけど、同行者と話し合った結果、「そんなに面白いなら観てみよう」と立川へ。
 
そしてまたもや極上音響上映(笑)
因みに今回は
日本を代表する音響家に調整を依頼。本作が持つ音楽の力を最大限に引き出し、これまでの映画館の概念を超える音響で上映します。音楽が重要な役割を担う新海作品の持つ「音の力」を最大限に引き出し、没入感と感情移入を飛躍的に高めます』
やって。立川シネマも力入ってます( ・`ω・´)
 
珍しく作品についての前情報はほとんど無く、知ってるといえばお互いが入れ替わるぐらい。
オープニングが普通のテレビのアニメみたいに、いわゆる「はじめの歌」から始まったのが意外で印象的でした。
 
内容は思ってたのとはだいぶ違って、「こういうのがヒットしてるのね~・・・」って至極冷静に観てました。面白いか面白くないかでいうと、うむー・・・・・・・・  普通です(笑)
 
普通っていうのは、あくまで私の主観での普通なので、他人の普通とは違うんやけど、なんでこの作品がここまで絶賛されるのかは、自分では理解できなかった。残念。
 
ただ、この作品の情景描写はすごいです。完成度がかなり高い。
特に、新宿~四ツ谷間の町並み、電車の窓から見える景色、駅のホームの感じなんかは、実写と見紛うほどのリアルさ。
アニメなんてめったに観ないけど、最近のアニメはこんなにリアルなんやねー。本当に驚いたよ。
 
あとは、音楽が作品とリンクしていて(まあ、そのための書き下ろしなんやけど)とても美しいです。これは極上音で観てよかったと思う。
 
あとは、あとは・・・・・(´・ω・`)
 
まあ、率直に言うと、ちょっと期待しすぎたかな~、って感じかね(笑)
もうちょっと若かったらすごく感動したかも。自分どんまい。
 
あ、そうそう。RADWIMPSBUMP OF CHICKENって似てるよね。
そう思うのは私だけか?